09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと半分

小浜病院へ再転院し、リハビリは順調で、前歯も入り、毎日塩湯の温泉プールに入っていたおかげか、小猿の顔はツルツルの美肌になっていました

元々、ステロイド剤の副作用でニキビ肌だった小猿は、ツルツル美肌になった事が一番嬉しかったようです

私も、小猿のツルツル肌を見て、週末に泊まる民宿のお風呂では、顔までつかるようにしていましたが、小猿のような美肌にはなれませんでした


そんなこんなで、リハビリ生活も板に付き、杖を使って歩く事が出来るようになった頃、左下肢の手術のため大学病院へ戻る事になりました

古くさい病院で、部外者を寄せ付けない雰囲気だった小浜病院ですが、1年近くも入院していると、親しみ深く家族的な雰囲気に変わっていたので、また離れてしまうのは寂しくもありました

しかし、左下肢の治療が終われば、もう入院生活とはお別れし、新居暮らしが始まるのですから、先へ向けての楽しみもありました



また2~3ケ月したらリハビリに戻って来ますから



別れを惜しむ患者さんへ挨拶をして、看護師さん達からは



またこけんごとしてね



と、からかわれながら

私達は小浜から長崎へ戻りました



久しぶりの大学病院は、かなり大きく感じました

整形外科病棟の師長は異動していましたが、主任は前と同じでした

主治医は研修医なので、また違うドクターでしたが、チームドクターはやはり高橋先生でした

10か月振りの対面で、転んで骨折した時のような冷酷さはありませんが、初診時のような親切さも無く、淡々とした感じでした



やっぱい冷たかったね、まぁだ怒っとるとかなぁ



高橋先生の診察の後、小猿はガッカリしたように言いました



解らんけど、あと1回手術してリハビリになるまでの辛抱たい、すぐ小浜になるさ



そうたいね、あと1回



入院していると、様々なストレスを受けますが、ドクターに対しここまでストレスを感じるなんて、身から出た錆とはいえ、かなりの恐怖でした

私も高橋先生の姿を見るだけで緊張していたので、小猿のストレスは相当だったと思います

小猿の表情は日に日に暗くなっていきました


大学病院に戻って2週間目頃、また十二指腸潰瘍になってしまいました

今回は吐血では無く、タール便と言う黒色便が出たため、胃カメラをして解りました

ステロイドも12錠のままでしたので、副作用も重なったのかもしれません

手術の前に潰瘍の治療が先決されました

早く手術して早く小浜に行き、高橋先生から逃れようと思っていた私達にとっては、十二指腸潰瘍は計算外の事でした

主治医の研修医に、ステロイド剤が増えたままずっと同じ量をのんでいるのが原因ではないのか? 小浜では腎臓の特別な検査もしていなかった、 と伝えると、腎臓内科の診察を受けさせてもらえる事になりました


久しぶりの原田先生の診察に、小猿はとても喜びました



そうだね、確かに量は多いけど、潰瘍は小浜では大丈夫だったの?



原田先生の優しい言葉に



実は、小浜で転んで骨折した時から、高橋先生から手術を拒否されたり、結局してくれたけどかなり冷たい態度で、今回帰ってきてもまだ冷たくて、それがかなりストレスになっているのかもです



本音を言ってみました

原田先生は笑って



いくら怖いと言っても、潰瘍起こす程のストレスにはならんだろう



でも小浜ではどうもなくて、戻って来た途端にまたなったんですよ



そうか、そんなに怖いか? ま、外科系のドクターはキッチリせんと気に入らんからなぁ、ここだけの話し、実は僕もよく叱られるんだよ、怖いよなぁ?



私はその言葉だけでホっとしました

小猿もホっとした様子で



原田先生が怖かとならおいは原田先生の何十倍も怖かですよー



久しぶりの明るい表情で笑っていました



腎臓は安定していても、急には減らせないし、手術を控えているためこのまま様子を観て、術後の検査結果をみながら減らして行こう、時々診察に行くからその時にまた話をしよう



と原田先生は言ってくれました



冷たかとは高橋先生だけたい、他の先生や看護師さん達は優しかし、あんまし気にすうまぁで



うん、わかった、あと半分やもんね、半分は済んだとやもんね



原田先生と話が出来た小猿は、以前のように明るくなりました

FC2 Blog Ranking
関連記事

No title

お医者さんとの関係ってかなり重要ですよね。
でも原田先生じゃないですが、潰瘍が出来るほどとは
よっぽど辛かったんでしょうね。

原田先生は患者の気持ちをしっかり受け止め、心のやわらげ方も
分っていらっしゃる素晴らしい先生ですね。

No title

こんばんは^_^

大学病院に戻ったとたん潰瘍になっちゃったんですね(-"-)
医師のプレッシャー、半端じゃないですね。

原田医師が話の分かる人で良かったです(^.^)おちゃめな一面も見れましたし。
みりのこさんも小猿さんも落ち着いた入院生活がおくれますように。

こんにちは♪

あと半分ですか?過ぎてしまえば早いと思いますが、せっかく慣れた小浜から戻った途端に潰瘍になるなんて、先が思いやられますね…(^_^;)
高橋先生はエリートなんでしょうけど、威圧感が相当なんでしょうね…(-_-;)

こんばんは

ツルツル美肌の温泉プールは良いですね♪

それにしてもまたもや十二指腸潰瘍になってしまいましたか。高橋先生恐るべしですね(≧ヘ≦)

自分が原因だと言う自覚とかあるんですかね…(`ε´)

No title

おばんです。
よほどのことがない限り
人に対する印象って変わらないですよね・・・
小猿さんもみりのこさんも気苦労の多い入院生活だったのですね。
自分だったら死にたくなるかも・・・
自分は恵まれた入院生活だったのだなあと
改めて感じているところです。

Re: No title

★まーるまーさん
おはようございますコメントありがとうございます(*^_^*)

> お医者さんとの関係ってかなり重要ですよね。
> でも原田先生じゃないですが、潰瘍が出来るほどとは
> よっぽど辛かったんでしょうね。

小猿は人から嫌われる事をとても恐れる性格だったので、辛かったと思います(>_<)

> 原田先生は患者の気持ちをしっかり受け止め、心のやわらげ方も
> 分っていらっしゃる素晴らしい先生ですね。

原田先生は10年近く小猿の腎臓を診てくれていた先生なので、親身になってくれました(*^^)v

Re: No title

★祐希さん
おはようございます、コメントありがとうございます(*^_^*)

> 大学病院に戻ったとたん潰瘍になっちゃったんですね(-"-)
> 医師のプレッシャー、半端じゃないですね。

私でさえ高橋先生は怖かったですから、臆病者の小猿には相当なストレスだったと思います(>_<)

> 原田医師が話の分かる人で良かったです(^.^)おちゃめな一面も見れましたし。
> みりのこさんも小猿さんも落ち着いた入院生活がおくれますように。

原田先生は良い先生でした。チビで太っちょで可愛いくて、お茶目でしたね(^○^)
病棟が高橋先生の所だったので、落ち着けませんでした(T_T)

Re: こんにちは♪

★うささん
おはようございます、コメントありがとうございます(*^_^*)

> あと半分ですか?過ぎてしまえば早いと思いますが、せっかく慣れた小浜から戻った途端に潰瘍になるなんて、先が思いやられますね…(^_^;)
> 高橋先生はエリートなんでしょうけど、威圧感が相当なんでしょうね…(-_-;)

威圧感・・・半端無いっす(>_<)(>_<)(>_<)

Re: こんばんは

★あーたん
おはようございます、コメントありがとうございます(*^_^*)

> ツルツル美肌の温泉プールは良いですね♪

ほんと小猿はツルツル美肌になりました(*^^)

> それにしてもまたもや十二指腸潰瘍になってしまいましたか。高橋先生恐るべしですね(≧ヘ≦)
> 自分が原因だと言う自覚とかあるんですかね…(`ε´)

恐るべしです(>_<)、自覚は・・・無いと思います(>_<)(>_<)(>_<)

Re: No title

★じょにぱぱさん
おはようございます、コメントありがとうございます(*^_^*)

> よほどのことがない限り
> 人に対する印象って変わらないですよね・・・
> 小猿さんもみりのこさんも気苦労の多い入院生活だったのですね。

リハビリ中の事故で骨折したのなら、高橋先生もここまで気分悪くならなかったのでしょうが、なにしろ、勝手にひなたぼっこに行って転んでの失敗でしたので、相当悪い印象を持ったのでしょう(>_<)

> 自分は恵まれた入院生活だったのだなあと
> 改めて感じているところです。

いやぁ、病気で入院しているだけでストレスなのですから、どんな理由があるにしても、快適に過ごしてもらうように努めるのが病院だと思います(^○^)
Secret

プロフィール

みりのこ

Author:みりのこ
みりのこのブログへようこそ☆
私は5年前に小猿(夫)を亡くし、まだ命日の時期には無気力状態になる弱虫です。
でも、そろそろ強くなりたいのです。
14年間の闘病生活を振り返り、小猿からのメッセージを見つけ、今後の人生を楽しく生きて行こうと思います。
よろしくお願いします。
コメントがありましたらmirinoko@gmail.jpまでどうぞ☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。