09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院とお礼

手術後2か月目

リハビリのために転院することになりました

股関節の術後は、歩行練習も必要ですが、体重は掛けられません

長崎県雲仙市に小浜町という温泉の町があるのですが、そこの温泉は塩湯です

当時、その町に国立療養所小浜病院がありました

その病院には、温泉プールがあり、股関節の術後のリハビリには、そのプールでの歩行が最適でした

小猿も小浜病院に転院が決まりました


塩湯は浮力があり、体重を掛けずかつ水の抵抗で筋力もつくので、ためらいはありませんでした

しかし、長崎市からバスで2時間の距離でしたので、そう簡単に面会に行けないのです

なので小猿は嫌だったようです

大学病院には仲良くなった患者さんもいるし、余計に寂しかったようです

転院の話しが出てからは、いつもため息をついていました

同じ市内なら、同室の患者さんも、外出許可が下りれば面会に行くよ、と言ってくれるのでしょうが、病人で2時間バスに乗ることは無理であり、最初から誰も面会に行くよ、と言う人はいませんでした


8か月のリハビリを終えれば、今度は左下肢の手術のために大学病院に戻って来ます

その時にまた会いましょう、という感じで、部屋の患者さん達は小猿を励ましてくれていました

治療にあたったドクター達も、是非ともこの症例を成功して欲しいため、代わる代わる小猿の所に来ては、リハビリ頑張ってよ、と声を掛けてくれていました


転院の準備のため、荷物をまとめていると、隣の部屋の患者さんの奥さんから



高橋先生に手術のお礼はしましたか?



と聞かれました

私が看護師として勤務していた病院では、職員へのお礼は禁止だったので驚きました



いいえ、奥さんはしたんですか?



しましたよ、私も他の奥さんに聞いて慌ててしたんですよ、小猿さんはまた片方の手術もせんばとでしょう? そしたらお礼をしとかないと、次の手術の便宜を図ってくれないそうですよ、患者さんは多いですから



えーーー・・・ 大体いくら位したとですか?



私はその人と同じように30万円しましたよ



・・・・30万円!?



高橋先生は次期教授候補ですからね、それ位が相場だそうですよ



えーーー・・・  はぁ・・考えてみます、ありがとうございました



院内のあちこちや、病棟のホールにも



職員へのお礼は謹んでお断りいたします



と書かれた紙が貼ってあります

30万円だなんて、桁が違います

でも、教授廻診の時には大名行列みたいにドクターの山が通り過ぎて行きます



やっぱり民間の病院と、難病を引き受ける大学病院は違うんです



小猿に、その話しをすると



えーー!! そんがんもぉ? でもおいは高橋先生より小川先生にお礼したか



そんがん言うなら手島先生は?



あぁ、そうか、一番来てくるっとは手島先生やもんね



偉か先生にだけして、主治医の中村先生にせんとは気の毒よね?



あぁ、そうたいね、中村先生が一番診てくれたもんね・・



結局、高橋先生を筆頭に、お世話になった先生全員にお礼をしないと、次の手術の時に気まずい、という結論になり、それぞれの先生に対する金額を決めました


偉い先生全てに高額のお礼は出来ず、でも、小猿を診てくれた先生は下肢の病気グループ全員でした

高橋先生に20万円、そして次に偉い先生に10万円・・・という感じに決めて行き、研修医である主治医には5千円と決めました


エレベーターの中で、高橋先生と一緒になり、病棟まで上った時は2人になったので、封筒に入れた20万円を渡しました



あっ どうも



高橋先生は簡単に受け取りました

他の先生にも、こっそり渡すチャンスを見つけ、無事に渡す事が出来ました

主治医の研修医には、小猿のベッドに来て下さった時に渡しました



えー・・僕にまでいいんですか?



嬉しそうに受け取ってくれました

後日、同じ看護師である、姉にこの事を言うと



5千円て、中学生にやるお年玉じゃあるまいし、たったそんだけならやらん方がましやろ



と言われました

確かに、後から思えばドクターへのお礼がたったの5千円だなんて、と思いますが、当時の私達は、ドクターの名簿を作り、この先生がいくらだからこの先生はこの金額で・・と偉い順に差をつけなくてはならず、たったの5千円と言う事に気づきませんでした


ドクターにだけお礼をする訳にもいかず、ナースステーションへもお礼をしようとしましたが、それは師長が頑なに拒み、受け取ってくれませんでした


お世話になった同室の患者さんへは、洗剤とティッシュと代々決まっていたので助かりました


転院前日、隣の患者さんが言いました



僕達いつも数えよったとですよ、知ってました?



いいやー、あぁ、帰りにいつも「今日は5回」とか言いよったあれ?



はい、あいは奥さんが小猿さんばくらした(叩いた)回数です、明日から寂しゅうなっです



他の患者さんも笑いながら、寂しゅうなっですね、と言ってくれました



えー・・叩きよったとバレとったと? ほんと寂しゅうなるね



小猿さんのキャラは強烈やけん面白かったですけん



おいのどこが強烈やー?



全部ですよー



いい仲間に恵まれた入院でした


翌日、10:00に小猿と私は大学病院を発ち小浜病院へ向かいました

FC2 Blog Ranking

関連記事

おはようございます。

 本当に小猿さんは、周りを幸せにしてくれる存在ですね^^
 病室にこんなにかわいい方がいらっしゃったら、楽しくて、いつも会話に聞き入ってしまいそうです♪

 病院には、古くからの流れがあったのですね。
 体質というか、お金を渡すかどうかは悩みますよね。
 受け取らないところもたくさんありますが、当然の様に受け取る先生もいます。

 渡さなくても、診てくれるのは間違いないと思いますが、やっぱりきちんとしてもらいたいという家族の願いとしては、お金という形を選んでしまうんでしょうね。。。

 でも、痛い出費ですよね。

No title

恐るべし、医療現場の実態を読んだ感じです。
今でも続いているんでしょうか、命をお金で
買わされるようで嫌な話です。

それにしても、同室のみなさんにこんなに愛されていた小猿さん、
やはり素敵なお人柄だったんでしょうね。

No title

ちょっとびっくりしましたね。
お礼の件・・・・・・・古く悪い習慣ですね。
なんだか、足元見られるようで、腹が立ちます。
でも家族が少しでも元気になるならと思うと
お礼してしまうのもわかりますが。

こざるさんは子供みたいで、純粋なんですね。

こんにちは

30万円!?
そしてみりのこさん達は総額いくらのお礼をしたんですか?
なんだかドラマの世界ですね…
みりのこさん、凄いですp(´⌒`q)
そして小猿さんの寂しい気持ち解ります (ρ_;)

こんばんは♪

まるで白い巨塔の世界ですね…

その多くの患者さんからのお礼など、はした金だと思っているのでしょうか…

差し出す側の苦労とか、少しは解っているのならまだ救われますが…
お姉さんの突っ込みはさすがですね。名簿をにらみながら、公平なお礼の配分を考えるうちに、五千円の価値ではなく数字の高低だけを考えてしまったんですね。

そんな窮地に立った事がないので、これは想像ですがその五千円を頂いた研修医の主治医は、きっと本当に嬉しく思ったのではないでしょうか。

小猿さんとみりのこさんの真っ直ぐな気持ちは伝わったはずです。

No title

こんばんは。

昔、祖母のときの事を思い出しました。今でもそういのあるんですね。

いつもキャット丸共々訪問ありがとうございます。

No title

こんばんは^_^

ええっ!!そんなに・・・・。
私も看護師として働いてましたから、言われなければお礼しなかったと思います。
ビックリですね(>_<)

小猿さんのキャラクター、強烈?
人を笑わせる能力はすごいと思います。ブログ見させてもらうと自然と笑顔になれます。
そういうところは強烈といっていいのかも。

No title

おばんです。
親しい人が面会に来てくれないと寂しいですね。
家から車で20分前後の場所にある病院に入院しましたが
顔を見れないと寂しいものです。
2時間かかる場所であれば頻繁に・・・
というわけにいじゃないでしょうか随分さびしい思いをされたのではないでしょうか。
慣れない場所でリハビリ入院・・・
精神的にも体にも厳しかったことでしょうね。

Re: おはようございます。

★sachiko.tさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

>  本当に小猿さんは、周りを幸せにしてくれる存在ですね^^
>  病室にこんなにかわいい方がいらっしゃったら、楽しくて、いつも会話に聞き入ってしまいそうです♪

そうですね、いつもどこでも小猿の世界を作る人でした(^○^)

>  でも、痛い出費ですよね。

ねえ、もう、ほんと痛い痛い・・(T_T)

Re: No title

★まーるまーさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

> 恐るべし、医療現場の実態を読んだ感じです。

ほんと恐るべしです(>_<)

> それにしても、同室のみなさんにこんなに愛されていた小猿さん、
> やはり素敵なお人柄だったんでしょうね。

愛されてたのかは解りませんが、とにかく周りは楽しくなります(^◇^)

Re: No title

★fore168さん
こんばんは、わー、初コメですね♪ありがとうございます(*^_^*)   

> でも家族が少しでも元気になるならと思うと
> お礼してしまうのもわかりますが。

ほんとですね、手術してくれなかったら困りますから・・・(-"-)

> こざるさんは子供みたいで、純粋なんですね。

ほんと子供のようでした(^○^)

Re: こんにちは

★あーたんさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

> そしてみりのこさん達は総額いくらのお礼をしたんですか?

いくらだろう?5~60万円くらいかな・・?

> なんだかドラマの世界ですね…

ほんとにね、ドラマ、ドラマ・・(>_<)

> そして小猿さんの寂しい気持ち解ります (ρ_;)

小猿は寂しがり屋だからね(-"-)

Re: こんばんは♪

★うささん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

> まるで白い巨塔の世界ですね…

私もそう思いました!!

> お姉さんの突っ込みはさすがですね。

姉は他の人の事には淡々としてますから(-"-)

>その五千円を頂いた研修医の主治医は、きっと本当に嬉しく思ったのではないでしょうか。
> 小猿さんとみりのこさんの真っ直ぐな気持ちは伝わったはずです。

そうだと嬉しいですヽ(^o^)丿

Re: No title

★禿げ太郎さん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

> 昔、祖母のときの事を思い出しました。今でもそういのあるんですね。

おばあちゃんの時お礼したんですか?今じゃなくて19年位前の話しです(^○^)

> いつもキャット丸共々訪問ありがとうございます。

いいえ、キャト丸さんによろしくです(*^^)v

Re: No title

★祐希さん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

> ビックリですね(>_<)

ビックリです(>_<)

> 人を笑わせる能力はすごいと思います。ブログ見させてもらうと自然と笑顔になれます。

そんな思ってもらえると小猿も喜ぶと思います(*^^)v

Re: No title

★じょにパパさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

> 2時間かかる場所であれば頻繁に・・・
> というわけにいじゃないでしょうか随分さびしい思いをされたのではないでしょうか。

なにしろ遠いから困りました(T_T)

小猿はすぐに慣れてしまうのです(*^^)v
Secret

プロフィール

みりのこ

Author:みりのこ
みりのこのブログへようこそ☆
私は5年前に小猿(夫)を亡くし、まだ命日の時期には無気力状態になる弱虫です。
でも、そろそろ強くなりたいのです。
14年間の闘病生活を振り返り、小猿からのメッセージを見つけ、今後の人生を楽しく生きて行こうと思います。
よろしくお願いします。
コメントがありましたらmirinoko@gmail.jpまでどうぞ☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。