09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小猿家の人々

腎臓内科の外来で、原田先生に対し、訴えてやるっ とつかみかかっているお義母さんは、背丈は小さいので、原田先生も、簡単に振り払えたはずですが

やはり、相手は患者さんの母親であり、他の患者さんも見ているし、無碍にはできず私を呼んだのでしょうが、いくら嫁でも、このお義母さんを黙らせる事は私にはできず




小猿さんは腎不全状態で、腎臓が全く機能していなかったのを、何とかして治すにはプレドニンしかなかったんですよ、移植はいやだとお義母さんが言ったんでしょう?
プレドニンだけのせいじゃないです、大酒のみも原因ですよ




私はお義母さんへ、と言うよりも、そばで見ていた人達に対して叫んでいました




お義母さん、今後原田先生が小猿さんの腎臓の管理をしてくれなかったら、すぐに腎不全になってしまいます、脚の手術で全身麻酔をかけるのに、腎臓をちゃんと管理してもらわないと困るんです
先生が愛想つかしたら困ります、先生を困らせないで下さい



あーたは小猿が可哀想とは思わんとですか、こん先生のかたば持つとですか



8年前、移植のために兄弟の腎臓が適合するかもしれないから、3人の兄弟の検査をしたい

と提案した原田先生に、お義母さんは速攻で反対した、と聞いていた私は、この先生に対する失礼で自分勝手な振る舞いに切れました



訴えるなら訴えてみんですか、簡単にお義母さんが負けますよ、裁判の間、原田先生に小猿さんの腎臓ば診てもらえんかったら小猿さんも死にますよ、腎臓は大事かとですよ

先生、お義母さんが訴えるなら名誉棄損で逆に訴えんですか



自分でも驚くほどの大声で叫びました


お義母さんは先生から離れ、私の前に立つと私を叩こうとしました

私は目を閉じましたが、痛みは来ませんでした




他の患者様がいますので、喧嘩は病院の外でお願いします




看護師さんが、お義母さんの手をつかんで言いました




どうもすみませんでした、お義母さん、とにかく出ましょう




うちは1人で帰ります、あーたと帰るもんですか




お義母さんは、腎臓内科から出て行きました

私は原田先生に謝罪しようと先生の方をみましたが、先生は軽く手を挙げ




身内に医療従事者がいてくれると助かるなぁ、帰ったらまた大変だね、大丈夫?




同居していませんから大丈夫です




笑う先生の横で、さっきお義母さんの手をつかんでくれた看護師さんが




同居なんてとんでもないですよ




ボソっと言うと、そこにいた患者さん達からも笑いが起こりました


私は頭を下げ、小猿の病棟へ戻ると、ナースステーションに行き、小猿の部屋にお義母さんが来ていないか見て来て欲しい、と頼みました



忙しそうにしていた看護師さんでしたが、私が両手を合わせると、いいですよ、と行ってきてくれました

お義母さんはいませんでした

安心して小猿のところへ戻りました



なんやったと? と言う小猿に、手術の事やった、日にちとか、と答えました




手術には原田先生もついてくるっとかなぁ?



つくもんね、忙しかとに、1日幾つも手術のあっとよ、そんがんつきよったら自分の患者さんの診察ばする暇のあるもんね



あ~そうかぁ、そうたいね



隣のベッドの患者さんがゲラゲラ笑い、つられて部屋中の患者さんが笑いました


一応、手術の事を知らせておく、と言い、長男さんの自宅の電話番号を聞きました


面会を終えて帰宅し、長男宅へ電話しました

お義姉さんが出て、まだ仕事から帰っていない、と言うので、今日あった事を伝え、帰ったら電話を下さいと伝言を頼みました



ひどーい、お義母さん、みりさん大変だったね、主人は遅くなるけどいい?



何時でも大丈夫です



ほんとに遅い時間になって、長男さんから電話がありました

お義姉さんから話は聞いたらしく




だから、何?




だから、困るんです、そういう事をされると、私の説明は聞いてくれないでしょうから、お義兄さんから言って頂けませんか? 大学病院で治療受けられなくなったら困るんです




そこまでお袋を怒らせたのはみりのこさんですよね




え、でも先生を訴える、って外来まで行って先生を困らせたんですよ




だから聞き流せばよかったんですよ




じゃあ小猿さんの治療を拒否されたらどうするんですか?




治療拒否の方が罪は大きいですから訴えたらいいですよ




そんな事できません、お義兄さんは移植は反対だったんですよね、プレドニンを使って腎臓が安定した事はどう思っていますか?




それは医者に任せていますから




それじゃあ今さらプレドニンを使った事を訴えるなんて言われても、先生は困りますよね、外来の診察中で、他の患者さんもたくさんいたんですよ




だから僕に母を説得せろと言いたいんですか、わかりました、でもおそらく母の怒りは収まりませんよ
しばらく時間を空けて、機会があれば話してみます




その他人事みたいな言葉に、私は愕然としました




できたら早めにお願いします




と言い、電話を切って、じゃあ誰に相談すればいいんだろう、このままお義母さんが問題を起こさなかったらいいけど、そんな簡単に行くもんか・・・

私の方がおかしいのかな・・・と思いました

FC2 Blog Ranking










関連記事

みりのこさん、昨日から記事が読めませんでした。
今見たら記事が読めたので良かったです。
携帯からだからかなぁ…

お兄さんもおかしい人なんですね。 もう、読んでて私までムカムカしてきます(`ヘ´)

お義母さんも義兄さんもちょっと対応ヒドいですね
お義母さんと同居じゃなくて何よりでしたね
同居だったらかなりいびられそうですね

No title

おばんです。
お義母さんとお義兄さんの対応は???です。
小猿さんのことはどうでもいい・・・
と考えているようにも感じました。
自分だったらもう自ら絶縁するレベルです。
本当の家族なのか疑いたくなります・・・

No title

みりのこさん、こんばんは^^。
いつもコメント本当にありがとうございます!

記事を拝見して、大切な方との思い出をこんな風に、書き出せるってすごいなあ…って思いました。私も大好きな家族がいますが、彼らが死んでしまった後、私はその死と向き合うことができるのだろうか、と考えます。
みりのこさんは、強い方だな、と自然と思います。

小猿さんの親兄弟さんたち…世の中、どうしても相容れない人っていますよね…。本当にフツフツと怒りが込み上げてきます…。
そんな中でも、小猿さんとのエピソードに私も救われております。

長文失礼いたしました。

No title

失礼ながら、ため息しか出ませんでした。
世の中にはいろんな考え方の人がいる、では収まらないご家族のようです。
昨日のコメント、軽率だったと反省しております。

今でこそこうやってブログに書かれていますが、当時のみりのこさんの
心中たるやさぞお辛かったことと存じます。
読んでいるわたしでさえ、小猿さんの明るさだけが救いです。

こんにちは。

 お義母さんもすごい方だといつも読ませていただいていましたが、お義兄さんもひどいと思います。
 それは、みりのこさんに対してだけではなくて、小猿さんに対して、血がつながっているのに、この対応ってひどすぎないかと思うんです。
 世の中のお姑さんがみんなひどい人だと思いませんが、このお姑さんを見ていると、結婚が恐怖になりますよね。。。

 私も息子がいますが、もし結婚してくださる方がいても、こんな姑にはなりたくないと自分を言い聞かせないといけないと思いました。

 小猿さんが本当にみんなに似なくて良かったと、それだけが救いです。。。

No title

こんにちは(^.^)

失礼ながら小猿さんのお母さん、モンスターPtですね。あ、Faかな?
移植はダメ、PSL使ってなんとか助かったら今度は治療に文句って…。息子さんへの愛情はないのか?と疑ってしまいます。
長男さんもなんだかなぁと。
家族間でも愛情が薄いのかな。。。

小猿さんがご家族に似なかったことが唯一の救いですね。
同居でなかったことも。

担当の医師も穏やかな方でよかったですね。

それではまた

こんにちは

みりのこさんの昔のマガジンでは、確か長男さんが一番ましみたいな事書いてありましたよね…

思い違いならすみません、その長男さんとこんなやり取りがあったんですか?

小猿さん、可哀想ですよね。

みりのこさんと結婚して、やっと温かい家族の雰囲気を感じたでしょうね。

でもみりのこさんが大変過ぎる(>_<)

Re: タイトルなし

★うささん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

え- ブログ自体が見れなかったのですか?

記事の更新が無かったという事ですか?

記事はね、丸2日眠りっ放しで書かなかったです。

多分、薬を間違って2回のんだんだと思う・・(-"-)

Re: タイトルなし

★四季ままさん
こんばんは、コメントありがとうございます

お義兄さんも、お義母さんと関わりたくなかったんだと思います

いくら家族でも、触らぬ神に祟り無し の境地なのかと・・

でも、小猿のお兄さんなのにですよね・・(-"-)

Re: No title

★じょにパパさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

???ですよね

顔は全員れっきとした家族ですよ・・ヽ(^o^)丿

Re: No title

★ゆのつえさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

強くないですよ、こんなダラダラ人間です

小猿の存在が大きかったですね(*^^)v

またおいで下さいね♪

Re: No title

★まーるまーさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

私もため息しか出ませんでした

状況はどんどん進むのですから、立ち止まる事もできませんでした

ほんと小猿の明るさに救われていました(^○^)











































Re: こんにちは。

★sachiko.tさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

sachikoさんはあんな姑にはなりませんよ-♪

お義兄さんも関わりたくない親だったんだと思います

ほんと小猿は遺伝子が違うんでしょうね、顔はそのまま受け継いでいましたが・・(T_T)

Re: No title

★祐希さん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

ほんとモンスターですよ。

お義兄さんもトホホな人ですよ。

小猿の心は綺麗でしたが、顔はうり2つでした・・・(T_T)

Re: こんにちは

★あーたんさん
こんばんは、コメントありがとうございます(*^_^*)

確かに3人の兄弟の中では一番マシでした

次男と四男はもっとひどかったですから・・(-"-)
Secret

プロフィール

みりのこ

Author:みりのこ
みりのこのブログへようこそ☆
私は5年前に小猿(夫)を亡くし、まだ命日の時期には無気力状態になる弱虫です。
でも、そろそろ強くなりたいのです。
14年間の闘病生活を振り返り、小猿からのメッセージを見つけ、今後の人生を楽しく生きて行こうと思います。
よろしくお願いします。
コメントがありましたらmirinoko@gmail.jpまでどうぞ☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。