07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェンスの上

もう働けないよ



先生に言われた小猿は動揺していました

手術よりも、働けなくなる事がショックだったようです

私の部屋で、結婚式と手術とどちらを優先するか話し合おうとしましたが



もう結婚は出来んさ、みりちゃんのお母さんが許してくれんさ



ばかり言ってました


そんな事はない


いくら言っても小猿は落ち着かず、部屋を飛び出して行きました


探し回ると、屋上のフェンスの上に立っていました


不安定なそのフェンスの上で


ワーーーーっ


と叫びました


今、突然強風が吹けば落ちてしまう・・


引き留めると、反射的に飛び降りる・・


どうしよう、どうしよう、時間は無い・・


私は、ゆっくり近付き、刺激させないように、と祈りながら


何しよっと、危なかたい、くしゃみとかしたら落ちるよ


小猿はジーっと立ったままでした


振り向いたらバランスば崩して落ちるよ、そのまま立っとって

右手だけ後ろにやって、ゆっくりよ

よかけん、右手ば後ろにやらんねって


小猿がそーっと右手を後ろに出した時、その手を思いっきり引き寄せました


小猿はフェンスからこちら側に落ち、私と一緒に屋上のコンクリートの上に倒れ込みました


何しよっとね、危なかやろうが

私が怒鳴ると、小猿は泣いていました


男の人の涙を初めて見ました


とにかく考ゆうで


小猿を部屋に戻し、コーヒーをいれようとする自分の手が震えていました


痛みがそんなに強くないのなら披露宴はしようか、招待状出したし


お母さんがダメて言うさ、もうおいの取り柄は無かもん



あのね、私は結婚せんかったらそのまま看護師ばしよると

自分が仕事出来んとなら私が今まで通り看護師ばするだけたい

仕事は出来んでも、家でご飯は作ってくれるやろ? そいでよかたい


うん、家でやったらご飯くらい作らるっさね?


うん、椅子に座って作ってもよかし、大丈夫て思うよ



小猿は笑顔になりましたが、私の母親の事ばかり気にしていました

FC2 Blog Ranking





関連記事
Secret

プロフィール

みりのこ

Author:みりのこ
みりのこのブログへようこそ☆
私は5年前に小猿(夫)を亡くし、まだ命日の時期には無気力状態になる弱虫です。
でも、そろそろ強くなりたいのです。
14年間の闘病生活を振り返り、小猿からのメッセージを見つけ、今後の人生を楽しく生きて行こうと思います。
よろしくお願いします。
コメントがありましたらmirinoko@gmail.jpまでどうぞ☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。